2021年6月 5日 (土)

中華オーディオ中毒

お手軽オーディオ地獄改め中華オーディオ中毒でございます。

 

まずは時系列から説明いたしましょう。

 

ブックシェルフスピーカーに興味が出てパッシブスピーカー激安Bluetoothアンプを買う

安価なノイズキャンセリングイヤホンを見つけたので使う用事はないけど試しに手を出してみる

激安Bluetoothアンプ故障。ちょっとマシなパワーアンプを追加購入

USB DACを買う。自室のオーディオ環境が一応の完成を見る

ハイブリッドドライバに興味が出て中華イヤホンを買う

ついにリケーブルに手を出す(イマココ)

 

気がついたら安価な中華オーディオ製品に部屋が占拠されておりました。

 

まぁ厳密にはパワーアンプとDACは歴とした日本企業の製品ですが、日本で設計して中国で製造しているのでメイドインチャイナとして間違いではないでしょう。

しかし中国製品といってもバカには出来ないもので、近年の中華オーディオ製品の躍進には目を見張るものがあります。特に中華イヤホンは進化の速度が凄い。

ついぞ10年ほど前には高級機にしか搭載できなかったバランスド・アーマチュアドライバを複数搭載するハイブリッドイヤホンやリケーブル対応イヤホンが、Amazonにて実売3000円以下で手に入ります。それもノーブランドの安かろう悪かろう製品群ではなく、新進気鋭の中華メーカーが一定の品質を保ちながら節操のないパクリ 限りない模倣と競争と挑戦を繰り返して、様々な個性を持った製品を凄まじい勢いでリリースし続け、多様性のるつぼのような市場を形成しています。いまチープイヤホン界隈で話題になっているダイソーの300円有線イヤホン、あるいは500円ワイヤレスイヤホンもそのひとつと言えるでしょう。

 

一方で、そのような製品はあっさりと生産中止になって入手が難しくなったりメーカーのサポート体制がなかったり、ロットによる当たり外れがあったりなかったりと相応のリスクは当然のようにつきまといます。あとやっぱりノーブランドの安かろう悪かろう製品も多いです。コピー品のパクリの偽物みたいな製品も普通にAmazonで売ってます。

しかしながら、高級オーディオに莫大な予算をつぎ込むようなオーディオマニアではないこの身としては、安価で様々な製品を入手できる中華オーディオ製品群は、ちょっと興味が出てきた分野の製品を気軽に試すことができる、という大きなメリットがあります。あと壊れたりハズレを引いても安価なのであんまり悔しい思いをしなくて済むのも嬉しい。

 

玉石混交のAmazonでは良い製品と悪い製品の見分けをつけるのは至難の技ですが、YouTubeなどで中華オーディオや中華イヤホンを専門に扱ってレビューしているチャンネルも多いので、ある程度の情報を仕込んでおくと明確なハズレを回避できる可能性は高まるでしょう。

中国製はなんか信用できない...というアレルギー持ちの人もいるでしょうが、いっそ中華製品という一つのジャンル、一つの特性として、なんかあっても支障が出ない程度でほどほどに楽しんでみるのもアリなんじゃあないかと思います。

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

ブログが更新できなくなるってさ

2020年7月14日にお知らせしておりますココログフリーのサービス内容変更により、
あなたのブログがまもなく更新できなくなります。

実施予定日   2020年9月1日

前日までに記事の更新がない場合は、記事の追加や編集ができなくなります。

 

...と、ニフティから警告がありました。

より詳しくは「1年以上未更新のブログについては、記事の閲覧はできますが、記事の追加や編集ができなくなります。 」とのことで、放置ブログの整理の一環なんでしょう。

が、このプログは確かに最近放置気味ではあるものの、6月に一度記事を投稿しています。なのでこの条件は満たしていないはずですが、もう整理されるのは確定なんでしょうかね?

 

この記事の投稿後、9月以降になんもブログの更新がなされなかった場合はそういうことなのでご了承くださいませ。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

お手軽オーディオ地獄 パッシブスピーカー編

久々にiMac周りのスピーカー構成を新しくしてみました。

 

 

いままで長らく使い続けていたアクティブスピーカー Creative GigaWorks T20 はいまだ現役ではあるものの、さすがに十年以上も同じ環境で鳴らし続けていたので、気分転換も兼ねて最近ちょっと興味が出てきたパッシブスピーカーに手を出してみました。

 

とはいえパッシブスピーカーはピュアオーディオに繋がる青天井&底なしのオーディオ沼への入り口であり、スピーカー本体に加えてパワーアンプ、ケーブル、音源なども含むスピーカーシステムは構成に拘れば拘るほど高額になっていきます。正直なところ、ちょっと興味がある程度の動機で一式揃えるにはあまりに敷居が高い。

そこで今回はあくまでお試しとして、絶対的な音質は二の次として「とりあえずパッシブスピーカーを鳴らしてみよう」という目標でスピーカーもアンプも最安価なクラスの製品を揃えることにしました。

 

さて、パッシブスピーカーを鳴らすのに必要な最小限の機材は音源パワーアンプスピーカーの三点です。このうち音源は愛用のiMac(2012)を使うこととし、パワーアンプとスピーカーをAmazonで見繕います。

そうして用意したスピーカーがこちら。

 

EDIFIRE P12

 

中国の音響メーカーが販売するブックシェルフ型のパッシプスピーカーで、Amazonで新品ですぐ買えるパッシブスピーカーとしては実売9千円程度の製品です。日本語のレビューは少ないものの、海外での評価は上々。一応スピーカーケーブルも付属しているのでアンプが用意できればすぐ鳴らせます。

当初はYAMAHAの単体売りスピーカーNS-B210が1台2000円台で購入可能だったので検討していたものの、ここ最近のコロコロ騒動の影響か1台4000円台まで値段が跳ね上がってしまったのでP12に決めました。

 

 

そして、スピーカーに組み合わせるパワーアンプは、やはり激安中華製のこちら。

 

Nobsound NS-01G Pro

 

格安、異常にコンパクト、一見してオーディオ機器とは思えないデザイン、Bluetooth対応と中華アンプらしさの塊のような製品です。実売3千円ちょっと。

Amazonレビューでは付属の電源アダプタの評判が悪いらしく汎用品との交換が推奨されているものの、ウチのはとりあえず問題ないのでしばらくはそのまま使って見る予定です。

当初はiMacとスピーカーを設置した位置が少し離れているのと、せっかくBluetoothが使えるのだからと、iMacからBluetooth接続で鳴らしてやろうと思っていたものの、BluetoothのコーデックがSBC しか使えない関係で、音質はともかく遅延がひどくて、iTunesでプレイリストを再生すると曲の頭が途切れてしまうという致命的なラグが発生してしまい、とても実用には耐えないという有様。

いっそBluetoothレシーバーでも追加してやろうかと思ったものの、程度の差はあれ原理的には遅延や音質低下は避けられないということを考えて、5mのAUXケーブルで直接つなぐことにしました。

また、音源であるiMacからの出力には去年ヘッドホン用に購入したUSB DAC、Creative Sound Blaster Play! 3 を使用。DAC、アンプ、スピーカーと最低限のスピーカーシステムを最安価クラスのお手頃製品ばかりで構築しました。

 

 

さて、このお手頃スピーカーシステムで実際に音楽を鳴らしてみると...これがとても良い。

PC用のコンパクトなアクティブスピーカーと比べてスピーカー自体のサイズに余裕があるのが効いているのか、それともスピーカーとアンプが分離しているのが良いのかは分かりませんが、ズシリとした迫力のある音が広く全身を包み込むような感覚は、やはりPC用のスピーカーとは一線を画すと言わざるを得ません。

 

反面「本棚に収まるサイズ」のブックシェルフ型とはいえPCデスクにちょいと置いておくにはやや困る大きさのため、スピーカーとアンプの設置場所はよく考慮する必要があります。 また、ささやくような小音で鳴らすには向いていないため、深夜にPCで静かにYouTubeを視聴するような用途にはちょっと向いていません。

 

スピーカーとアンプを別々に用意する必要があったり用途によっては万人にお勧めできるとは言い難いパッシブスピーカーですが、その一方で自分の好みや予算、部屋のレイアウトに合わせて様々なパーツを選んで組み立てるという楽しさもあります。配置やケーブルの取り回しに頭を悩ませるのもまた一興。アンプだけ操作しやすい場所に置いて、スピーカー本体は家具の隙間や本棚に詰め込むもよし、日曜大工で壁掛けにしてもおもしろいでしょう。

比較的安価なスピーカーとアンプの組み合わせでも十分に良い音を鳴らせる(当社比)ので、同価格帯のアクティブスピーカーを検討している人ならば、パッシブスピーカー+パワーアンプを選択肢の一つに加えてみても良いのではないでしょうか。

 

 

休日の昼下がり、あまり大きくない音量でお気に入りのサントラを鳴らしながらうとうとと惰眠を貪るのが、最近の私の数少ない楽しみです。

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

お手軽オーディオ地獄 ヘッドホン編

前回、手持ちのヘッドホン を買い換えるのを渋ってサウンドブラスターとのインピーダンス差を埋めるためにインピーダンスケーブル まで購入したにも関わらず、舌の根も乾かぬうちに新しいヘッドホンを買ってしまいました。

 

Audio-technica  ATH-AD500X

 

高級オーディオから激安イヤホンまで幅広く手がける日本の音響メーカー、オーディオテクニカのオープンエア型ヘッドホンです。TH-AD◯◯◯Xシリーズの中では最廉価のモデルで実売9000円前後。

オープンエア型(解放型)とは、ヘッドホン背面のハウジングに穴が空いていて意図的に音が外に漏れるよう設計されたヘッドホンのことです。重低音がヘッドホン内部に篭らず中高音域のヌケが良いのが特徴です。総じてクリアな音質で長時間の使用でも聴き疲れしにくいのが長所ですが、構造上どうやっても音漏れがする上に外部からの音も遮断できません。主に屋内での使用を前提とした製品に多く見られるタイプですが、Apple純正のEarPodsやAirPodsも広義にはこちらに分類されます。

 

また、これと対をなすのがクローズド型(密閉型)で、こちらはハウンジングが密閉されているタイプ。オープンエア型とは反対で音漏れしにくく外部の音もしっかり遮断します。ソニーのお家芸ともいえるノイズキャンセリング機能があるのはこちらのタイプ。 重低音のズンドコ感が強く出て没入感がありますが、反面音が篭りがちで聴き疲れしやすい傾向があります。音漏れが少ないので屋外で使う前提のイヤホンはクローズド型のカナルタイプが現在の主流。超安物から超高級品までラインナップが豊富で選択肢が多いのも特徴です。

今まで愛用していたAurvana Live!はクローズド型のヘッドホンで、10年以上前に発売された実売五千円前後の製品にも関わらず評価が非常に高く、コストパフォーマンスの良い優秀なヘッドホンでした。

 

これを壊れてもいないのに新しいヘッドホンに買い換える理由は、さらなる高音質の追求などではなく、クローズド型ゆえの遮音性の高さからヘッドホン使用時に電話がかかってくることを極端に警戒しながら音楽を聴くのがしんどくなってきたからです。今まではヘッドホンを使う際は目に見える場所に携帯を置くか片手に持っていないと不安でしたが、オープンエア型なら携帯の着信音もちゃんと聞こえるという安心感があります。

まぁ、365日24時間いつでも電話がかかってくるかもしれない特殊な役職故の職業病ですが、せっかくオープンエア型のヘッドホンを使うと決めたので、あまりチャチな安物ではなく、実売1万円以下でそこそこ良好な音質と品質があって所有感を満たせるヘッドホンを探しているうちにATH-AD500Xにたどり着いた次第です。

 

実際、この記事を書いている最中もATH-AD500XでジャズとアニソンとYouTube配信動画を交互に聴いていますが、ギターやウクレレの静かで繊細な演奏から萌え電波曲のキンキン声まで、サウンドブラスターの補正やiTunesのイコライザが邪魔に思えるほど素直でクリアな良い音が鳴ります。装着感についてもなかなかのもので、頭のデカい私でも窮屈さは感しません。唯一の懸念はイヤパッドが布製なので暑い季節にはちょっと熱がこもりそうということと、汚れには弱そうということ程度。ただ、いざとなればイヤパッドは交換できるようなので大きな問題ではないでしょう。総じて満足感の高いヘッドホンと言えます。

また一方で、以前から使っていたAurvana Live!の、クローズド型特有のズンドコ感も聴く曲と状況によっては手放しがたい魅力を保っています。しばらくは両方をうまく使い分けていきたいところです。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

お手軽オーディオ地獄

しばらくブログ更新をさぼっているうちにココログのシステムが大幅刷新してしまったので、慣らしの意味も込めて久々の投稿。

 

うちのメインで使っているiMacには、ちょっと前の世代のパワードスピーカー(GigaWorks T20)をiMac本体のヘッドホン端子経由で接続しているのだけど、iMacのヘッドホン端子は他のUSB端子と同じく本体裏面にあり、スピーカーを常時接続しておくのには問題ないがヘッドホンをつけたり外したりするのには不便な位置です。

幸いGigaWorks T20の前面パネルにはヘッドホン端子があり、ここにプラグを挿せばヘッドホンを使用することはできるものの、そのスピーカーもPCデスクの下にあってやや不便なのと、手持ちのヘッドホン(HP-AURVN-LV)ではスピーカーで鳴らす場合の音量と大きくギャップがあるのが長年の不満でした。

 

そこで今回、USB接続のオーディオインターフェイスを増設してそこにヘッドホンを常時接続した上で、MacOSのメニューバーからスピーカーとヘッドホンを切り替えられるようにしました。

そこで使った機材がこちら。

Creative Sound Blaster Play! 3

クリエイティブのサウンドブラスターシリーズでも2000円以下で買える安価な外付け音源ボードで、ヘッドセット用の入出力端子を備えハイレゾ音源出力が可能。32Ω〜300Ωまでの高インピーダンスヘッドホンに対応している製品です。

ただ、これにそのまま手持ちのヘッドホンを取り付けるとボリュームがちょっと大きくなりすぎて調整が難しくなります。原因は、ヘッドホンのインピーダンスがサウンドブラスターの対応幅の最低値の32Ωであることです。

ここでインピーダンス(交流抵抗)についてざっくり説明すると「インピーダンスが高いほど電気が流れにくい」つまり、インピーダンスの高いヘッドホンを鳴らすには高出力のアンプが必要で、逆に言うとインピーダンスの低いヘッドホンに高出力のアンプを接続すると音量過多になってしまうということです。32Ωのヘッドホンは安価な普及型の製品としては一般的ですが、サウンドブラスターの設計がよりグレードの高いヘッドホンまでカバーしているため相対的に実用ギリギリの大音量になった模様。この状況を解決するためにアイテムを追加します。

それがこのインピーダンスケーブル。これはアンプの出力に対してヘッドホンのインピーダンスが低い場合にインピーダンスを追加してギャップを埋める働きをするものです。また低インピーダンスのヘッドホンは感度が高すぎてホワイトノイズが走りやすい傾向にあるのでそれを抑制するためにも使われます。形状は10cm程度の短いケーブルでサウンドブラスターより高価でしたが、高インピーダンスのヘッドホン(概ね高額)を買い足すよりはマシと考えました。

 

これで音量問題は解決し、比較的安価な機材だけで理想的な視聴環境が整った...と思いきや、この状態でiTunesでお気に入りのプレイリストを再生してみると、普段iPodで聞いている曲がなぜか重低音が歪んで音割れし、非常に耳障りで聴き辛い音になってしまいました。

一瞬、サウンドブラスターが初期不良かヘッドホンが壊れたか!? とも疑いましたが、色々と試してみると「iTunesで再生した曲」のみ音の歪みが発生しているようで、そこから検索をかけて調べているうちにトラブルの原因が判明しました。

 20190523-233040

iTunesの環境設定には「サウンドエンハンサー」という項目があり、これが入っていると音の輪郭がハッキリするものらしいのですが、どうやら今回はこれとサウンドブラスターの相性がよくなかったようです。

また、どうやら「音量を自動調整」も音が歪む原因になるようなので、合わせてOFFにしておきました。

これで不自然な音の歪みと音割れは改善されましたが、ヘッドホンでじっくり曲を聴いていると、サウンドブラスターの出力の影響か高音と重低音がやや強調される、所謂ドンシャリ傾向が強めに出ており、迫力はあるものの長時間聴いていると耳が疲れてくるので、これを緩和するためにiTunesのイコライザでヘッドホン用のプリセットを作成してみました。

20190523-221405

当方はオーディオの専門知識とか音作りにはド素人ですが、どこかでiTunesのイコライザをいじるときには上下幅は少なめにするのと、全体の平均値が±0になるように設定するのがコツだと見たような気がするというふわっとした知識でを元に、ちょっと前に流行ったperfect設定を参考として高音と重低音をやや抑えめに調整してみました。プリアンプがちょっと低くなってるのはiTunesの音量ボリュームMAX状態を基準に、音量を下げる方向に微調整できるように配慮したものです。

 

...ヘッドホン用の出力を一本増設するだけでえらく手間がかかったような気がします。

 

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

死にかけた話(iMacと俺のハートが)

いま現在、自室で使ってる主力マシンであるiMac(27-inch Late2012)。
買った当初は高額な価格相応の十分な性能と品質を保っていたものの、さすがに7年も型落ちになると性能不足が目立ってきました。

特に最近よく観るYouTubeについては、アーカイブやプレミア公開動画ならスムーズに視聴できるものの、生配信ではHD画質でのリアルタイム視聴で音声のラグや画質の乱れが目立ち、iPadやiPhoneで観た方がマシという状況にまで陥っていました。

これはもう世代交代の時期か...とも考えたのですが、さすがに先月12万も払ってMac mini一式を購入し、さらに先週末には再生品とはいえwin10が動くノートPCを購入したばかりの状況で新型のiMacを購入する資金など捻出できません。
一応、Mac miniから現在のiMacをディスプレイに使うターゲットディスプレイモードでの運用も考えたのですが、現行のiMacに積んだ3TBものFusion Driveが活用できないのはあまりにも勿体ない。

そこで、折衷案として現行iMacにメモリを増設して延命を図ることにしました。
幸いなことに、iMac(27-inch Late2012)は同世代のiMacでもメモリの拡張が可能なモデルで、ネジ1本外すことなくメモリスロットにアクセスできる構造です。
現状、iMacのメモリは純正の4GB×2の8GBが搭載されている状態ですが、これに8GB×2を追加搭載することにしたのです...が。


Amazonで買ったメモリ2枚をメモリスロットに取り付け、電源を入れた途端にけたたましいビープ音が鳴り響く!!


今まで長くMacを使い続けた私でも聞いたことのない、しかし本能的に危機感を募らせる無慈悲な音!!
すぐさま電源を落とし原因を調べると、鳴り響くビープ音の回数でトラブルの原因が切り分けられると判明。うちのiMacが鳴らすビープ音は3回。メモリの故障、あるいは認識不良。すぐさまメモリを抜いてダスターでホコリを吹き飛ばし再トライ。しかしピープ音は消えず。新メモリを挿すスロットが問題だったか...と思い配置を変えてトライ。ビープ音消えず。次に8GBメモリの初期不良を疑い純正の4GBメモリのみでトライ...起動成功。さらに8GBのうちどちらが故障しているか判別するために片方だけ挿して電源を入れて起動成功...と思いきや、挿した3枚のうち4GBの1枚しか認識できていないことが判明!! これはマズい、ひょっして不良品の8GBメモリを挿したメモリスロット自体が物理的に破壊されているのでは...と血の気が引くが、よくよく観察してみると唯一認識しているメモリが他のメモリより深くガッチリ挿さっていることに気づき、もう一度全てのメモリを慎重に奥まで差し込み直して、メモリ神に祈りを捧げつつ電源オン... ... ...起動成功!!
即、メモリが認識できているか確認ッッッッ!!


20190212_192441


ほっ...
ちゃんと24GBぜんぶ認識できてる。こんなことでまたメーカー送りになってたら流石にハートがブレイクしてました。

その後、動作確認のために複数のブラウザで同時にYouTubeの生配信を観たり負荷の大きいWOTBを起動したりしてみましたが、なんら問題なくスムーズに動作します。総メモリが3倍になった効果は伊達ではないようです。
私の寿命は3年くらい縮んだ気がしますが、iMacの寿命はあと5年は伸びたんじゃないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

年末年始のお食事

最近ノドの痛みが慢性的になって困り果ててたら風邪じゃなくて逆流性食道炎だった男の年末年始の食事事情。

Img_e1161

岡山駅のレストラン「Lunch&Beer SUN」のオムライスランチ。
小洒落たワンプレートながらボリューム感もあって良し。


Img_1169

廿日市市の食堂「旬どころ ごはん屋さん」のとりからあげ定食。
看板メニューの唐揚げはとても美味しいが、気をつけなければならないのは...


Img_1170

このボリューム感!
半端な腹具合で注文してはいけない。


Img_1180

古田台の料亭「厳遊庭」の釜飯。
それなりに単価高い店だけど何食っても美味いし景観めっちゃ良し。


Img_1182

家で作った年越しそば。
かけそばでは若干寂しいと自家製おせちの残りと卵をトッピングしてたら食い終わる前に年越しちゃった...


Img_1183

ゆめタウン広島の天ぷら屋「天はな」の山掛けうどん+ミニ天丼セット。
細うどんの山かけがなかなか旨し。天丼もセットの割にレベル高い。
なお余談だが、同じフロアにある蕎麦屋には入らない方がいい。こないだ行ってかけ蕎麦注文したら蕎麦がつゆの中で棒状に固まってるのを出された。蕎麦専門店で蕎麦をまともに茹でられないんじゃ話にならない。


Img_1185

広島駅の新幹線口付近にある「Books&Cafe J-CAFE」のタルトセット。
飲み物はチャイ。
クソ寒い日なのにバイト店員が頻繁に裏口を開け閉めしやがる所為で風が吹き込んでガタガタ震えてるところにチャイの温かみがありがたい。


Img_1188

府中町の蕎麦屋「そば松」のカツカレー。
とんかつは大きめカットだが柔らかく食べやすい。カレーは若干甘口に感じるが後からじわっとくるタイプでなかなかイケる。
周りがみんな蕎麦食ってるのを横目にカレーを貪る背徳感。


Img_1189

ベイシティ宇品のフレスタ跡地にいつのまにか出来てたレストラン街のラーメン屋「永斗麺」のあぶら麺(+味玉)。
いわゆる「油そば」に分類されるもので、底にたまってる濃いめのスープと麺をしっかりかき混ぜて食べる。


Apple iPhone 7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

新年あけまして散財

会社で使っていた私物のiMac(2007年モデル)が年末から絶不調で、電源入れても2回に1回は起動ディスクを認識できず起動に失敗する、google mapやYouTubeの視聴中にブラウザがシステムを巻き込んでフリーズする等のトラブルが頻発しておりまして、セーフモードからのファーストエイドからOSの再インストールまで定番の対処法を一通り試してみたものの状況が改善しないまま正月を越してしまいました。

思えば去年も似たような状況に陥っていたこともあって、これはいよいよ12年目のiMacも引退時期が来たと新型機への移行を決断しました。

去年の段階では価格の兼ね合いで世代遅れのMacBook Airか中古のMacBook proにするかで悩んでいましたが、幸いなことに現行のAppleの新モデルには数年ぶりにモデルチェンジを果たして大幅に性能が向上したMac miniがラインナップされており、これとDell製の安価な21インチモニターを合わせて導入することにしました。

Mac miniとモニターとケーブル合わせてざっと12万の出費ですが、旧iMacが12年も現役で頑張ってくれたことを考えれば、まぁ止むを得ない必要経費と割り切って注文したのですが...


注文した途端にiMac調子良くなってやんの。


負荷テストも兼ねて旧iMacで今日一日ずっとYouTube動画をたれ流してたけど、フリーズも起こらずシステム起動も何も問題なし。


.........


......


...


これはやっちまったなぁ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«題名のない写真展