« 日本放浪の旅、完結編 | トップページ | 続・雪の降った日 »

2009年12月19日 (土)

雪の降った日

この週末、天気予報では山陰地方は大雪の予想で、仕事で島根に行く予定だった私は「こんな大雪、どうすりゃいいんだよ!?」...と表面上は心配するそぶりを見せつつも、内心は一年ぶりの大雪でアイスバーン化した中国山地の山道を走るのを楽しみにしていたのに、実際走ってみりゃ全然大したことないんでやんの。

R0012487
奥出雲の某峠。
継続的に小雪はチラついてるけど路上の積雪は全然大したことない。

R0012479
斐伊川水系赤川の河川敷。
こっちも積雪は10cm未満。

R0012500
奥出雲の小学校の校庭。

一面真っ白の銀世界は肉眼で見ると絵になる風景だけど、いざ撮影となると色合いが白ばっかりの雪景色はコンデジだとチト厳しい。
...かといって、デジイチやフィルムカメラなら絶対に綺麗に撮れるのか?と問われると、正直それも自信がない。

RICOH R8

|

« 日本放浪の旅、完結編 | トップページ | 続・雪の降った日 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

「雪を楽しみにしているところがタカさんだな~」
と、昨年の記事を思い出しながら読みましたhappy01
銀世界の写真は難しいのですね!
旦那に聞いたら、色々解説してくれましたcoldsweats01

投稿: ねこのて | 2009年12月20日 (日) 00時23分

金曜日に鳥取へ行ったんですよ。
仕事の帰り道に足を延ばして。(笑)
処が、夕方5時頃から海岸縁は猛吹雪でした。
とても撮影できる状態ではないので諦めて帰りました。(>_<)
何しに行ったのか良く分からない日でした。(苦笑)
奥出雲って響きが良いですよね。
なんか、横溝正史や松本清張の小説に出て来そうな感じが好きです。
出雲は神話の国だけあり、妙にそそられますよね。(笑)

投稿: momosenpai | 2009年12月20日 (日) 04時14分

こんにちは。
今回の写真は3枚とも画面から寒さが伝わってきますね。
北海道などで日差しのある明るい景色で実際は氷点下ウン十度って写真もありますが、温暖な地域に住んでいるとこのような状況の方が理解しやすいです。

投稿: メタ坊 | 2009年12月20日 (日) 16時03分

◯ ねこのてさん
>色々解説してくれました
身近に心強いアドバイザーが居るのは良い事です(笑)
ウチの家族は私以外カメラに興味のない人ばっかりで...(汗)

◯momosenpai さん
>夕方5時頃から海岸縁は猛吹雪
多分その頃が雪のピークだったんでしょうね。
天気予報では週末はずっと雪マークでしたけど、土曜の昼間は割と天気もよく、気温もやや高めでした。
>神話の国
カメラ持って出雲大社周辺をぶらつくのも面白そうですねぇ~

◯メタ坊さん
>氷点下ウン十度
そういう環境に遭遇したことがまだないので、感覚的にピンと来ない温度です(笑)
冷凍庫より低い気温って、どうなるんだろ...?

投稿: 黄色いタカ | 2009年12月21日 (月) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本放浪の旅、完結編 | トップページ | 続・雪の降った日 »