« 題名のない写真展 | トップページ | 旅の支度 »

2010年1月22日 (金)

原色日本の美術

母が実家から美術全集「原色日本の美術」フルセットを貰ってきました。
P1184436
E-620(Zwei)+SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HSM

もともとは死んだ爺さんが見栄で購入したまま、誰も見ることなく本棚ごと忘れ去られていた存在でしたが、「立派な本を腐らせておくのは勿体ない」とウチの母が先日実家から貰い受けてきました。

「原色日本の美術」は昭和41~45年に小学館より全30巻で発行され、後の改訂版で2冊増えて全32巻となっています。
なお、ウチに来たブツは32巻があるので昭和55年以降の改訂版。
本来は全32巻フルセットだと定価で軽く10万円の大台を超える代物ですが、2010年現在、古本屋での販売価格は下手をすると1万円以下という叩き売り入手し易い価格設定となっています。


ちなみに、全巻セットの総質量は100kgを超えます。


...押し入れの床が抜けなきゃ良いけど( ̄□ ̄;)

|

« 題名のない写真展 | トップページ | 旅の支度 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

あっ! これ実家にありますよ。
気が向いたとき、何回か見た覚えがあります。(笑)
たしか、近代美人画を特集している刊があるんですよ。
そればっかり見てましたね。
珠に見るのは良いかもです。

投稿: momosenpai | 2010年1月22日 (金) 22時48分

一昔前までは、家にどーんと百科事典などが置いてあるのが普通でしたが
今の古書市場ではあまり値がつかないみたいですねsweat01
総重量100キロ!
そう言えば私の知人が以前、美術全集のせいで床が抜けそうと言っていましたsweat02

投稿: ねこのて | 2010年1月22日 (金) 23時08分

おはようございます。
>定価で軽く10万円の大台を超える
上質の紙質と綺麗な製版を期待させますね!
時間のある時にペラペラと眺めていくと、その時は何も感じていなくても後から何かの拍子で絵がフラッシュ・バックするなんて事ありませんか。

投稿: メタ坊 | 2010年1月23日 (土) 10時12分

◯momosenpaiさん
>近代美人画
おや、それはノーチェックでした(笑)
ウチでは親父が木彫をやる時の資料に数冊目を通しただけで、まだ大半が未見のままです。
立派な本なんですが、私の趣味からは大きく外れるんで読んでみようと思わないんですよね~(汗)

◯ ねこのてさん
>あまり値がつかない
そんじょそこらの百科事典よりよほど立派な代物なんですが、本格的過ぎて一般の需要は少ないと思います。
シリーズ全巻揃えると重くてかさばるので、古本屋も在庫の置き場に困るでしょうしね(笑)
ちなみにバラだと1冊500~1000円くらいで買えるみたいです。

◯メタ坊さん
そこそこ古い本ですが、紙質も写真もキレイです。
必要な人にとっては資料的価値の高い本だと思います。
お部屋のインテリアにしとくのは勿体ないです(笑)

投稿: 黄色いタカ | 2010年1月24日 (日) 16時33分

うちにもあります!
小さいころは浮世絵とかよく見てました。


私は大人になってからがどストライクなので、
こんなに高い本を揃えてくれた亡き祖父に感謝しています。

今となっては宝物です。

投稿: hana | 2011年2月 5日 (土) 13時08分

☆ hanaさん
>浮世絵とかよく見てました
紙質もよく写真も充実しているので、美術に興味のある人にとっては資料的価値の高い書籍だと思います。
でも、買いそろえるには覚悟が必要な価格と質量ですよね(笑)
並の本棚じゃ収まり切らないしsweat01

投稿: 黄色いタカ | 2011年2月 5日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 題名のない写真展 | トップページ | 旅の支度 »