« 題名のない写真展 | トップページ | 題名のない写真展 »

2010年3月 5日 (金)

広島平和記念資料館に行ってきた

先日、広島平和記念資料館、通称“原爆資料館”に久しぶりに行ってきました。
ちなみにどのくらい久しぶりかというと、少なく見積もって20年...おそらく25年くらい。

...オマエ本当に広島県民&広島市民なのか、と自ら問いたい。( ̄□ ̄;)

まぁ実際のところ、資料館のある平和公園にはちょくちょく行ってるんだけど、展示物が展示物なだけに、独りでわざわざ有料(50円だけど...)の資料館に立ち入ろうという気分にはなれなかっただけの話ですが、今回は元同僚と広島市街地に遊びに出たついでに、話のタネに立ち寄ってみた次第です。

ただし、資料館内はフラッシュさえ焚かなければカメラ持込み可で特に撮影制限もないのだけど、この資料館に山ほど展示されている“食欲を減退させそうな展示物”については今回完全にスルーしてます。
...昼メシ前だったしね(汗)

という訳で、今回はなるべくブラックな雰囲気にならないよう、ピンポイントで原爆資料館の見所をご紹介します(笑)
P3026277
資料館の東館ロビー。
前回掲載した原爆ドームのレプリカ(3/4スケール)が展示されています。
ちなみにあの写真は、これを真下から超広角レンズで撮ったもの。
ホンモノのドームは中までは入れないので、ある意味貴重なショットかも。

P3026253
東館1Fにある戦後直後の広島市中心部のジオラマ。
当時のヒサンな状況を再現したものではあるけど、それよりなにより気になるのは、その模型の緻密さと見事な再現度。
特に原爆ドームの出来は、市販されてる原爆ドームのプラモデル(資料館の売店にて発売中)とは比べ物になりません。
クオリティーがハンパねぇ~Σ (゜Д゜;)

P3026258
こちらは戦前のジオラマ。
当時は広島県産業奨励館と呼ばれていた原爆ドームも完全再現。

P3026266
ジオラマ全体はこんな大きさ。
原爆ドーム以外の部分の作り込みもハンパなくて、ビルの屋上が割れて雨水が溜まっているところ(実際に当時の写真ではそう写っている)まで再現されています。

P3026286
こちらは本館の方のジオラマ。
広島市街地の全景が収まる縮尺で、広島デルタ地帯が一望できます。
流石に中心部のジオラマと比べると建物の縮尺にムリがあったりはするけども、やはり細部まで精巧に作り込まれたプロの仕事です。
こうしてじっくり眺めていると、2010年現在とは主要な道路の配置も大きく異なり、古地図を見ているようで面白かったりします。
...まぁ、中心地は全部更地になってますけど(汗)

P3026287
広島デルタ地帯の西側。
この時代は太田川放水路(広島デルタ六河川の一つ、1967年完成)がまだなく、代わりに山手川と福島川の二本の河川が流れていた(手前の二本)のがよく分かります。

...しっかし改めて思うけど、本当に川ばっかりの街だなぁ。


なお、もう少しシリアスな展示が見たい方は、こちらの広島平和記念資料館WEB SITEへどうぞ。


OLYMPUS E-620

|

« 題名のない写真展 | トップページ | 題名のない写真展 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

この前、広島市へ行った時行きたかったのですが、道路があまりに広くて訳わからなかったです。(;^ω^A
国泰寺町へ用があったのですけどね。
凄い人どおりにびっくり仰天しましたよ。
たかさんは都会暮らしなんだぁ~なんて思いながら街を歩きました。
土産物屋の少ない場所でしたけど。
フリマみたいなものしてました。 カメラも数点置いてました。
銀月堂の近くでした。
話が全く違う方向に行きましたね。 原爆ドームみる価値ありですね。
戦争を体験してないから、こういうのを見て平和を考えたいと思いました。

投稿: momosenpai | 2010年3月 5日 (金) 22時14分

こんにちは。
ここは未体験なのですが「一度は」と思っていますがなかなか機会に恵まれません。
遊園地や普通の観光地と違い出掛ける前に心の準備が必要のようですね。

投稿: メタ坊 | 2010年3月 6日 (土) 11時12分

ものすごく「凝った」ジオラマですよね!
修学旅行でいきましたが、あまりのインパクトの大きさに当時、ジオラマがあったのか記憶にない(^^;)
それくらい「衝撃」な体験でした

投稿: ねこのて | 2010年3月 6日 (土) 11時48分

◯momosenpai さん
国泰寺町の近くというと、広大跡地のフリマに行かれたんですね。
あのフリマは私もよく行くんですよ...
って、しまった!!
今日もフリマの日だったんだ、行くのすっかり忘れてたぁ(汗)

◯メタ坊さん
>心の準備
まぁ、あのへんは人間の「負の遺産」ですからね(汗)
特に、本館奥の展示物は食事前や食事直後に見ることをお勧めしません。

◯ねこのてさん
インパクトの強さで言えば、普通はもっと別の展示物が強く印象に残るでしょうね。
今回は、元同僚も私も割と模型好きで、このジオラマが「凄い」のが理解できるタイプの人種(特に元同僚は原爆ドームのプラモも組んでるし)だったので、随分とこの模型の前で時間を取る事になっちゃいましたが。

投稿: 黄色いタカ | 2010年3月 7日 (日) 21時29分

数年前に里帰りの際、行ってきました。戦争体験者である母が、どうしても見せておきたい、と娘たちを連れて行ったんです。
展示物の中にはかなり衝撃的なものもありますよね。確か双子は出口で泣いてました、、恐かったのではなく、同じくらいの歳の子が死んでいったのが(展示品を見て)かわいそうで、、と言ってました。こういう経験は大切だと思います。連れて行ってよかったと思ってますよ。
日本を訪れるイタリア人にも是非みてもらいたいんですけど、わざわざ行ってきた、と言う人には会ったことがありません(苦笑)。
ジオラマ、そんなにすごいんですか?それを知っていたらもっとじっくり見てきたのに。

投稿: いくこ | 2010年3月 9日 (火) 01時36分

◯ いくこさん
>双子は出口で泣いてました
あそこの展示物は強烈ですよねぇ...
私も小さい頃はよく泣いてたような気がします。
>そんなにすごいんですか?
まぁ、好きな人にとっては...ね(笑)

投稿: 黄色いタカ | 2010年3月10日 (水) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 題名のない写真展 | トップページ | 題名のない写真展 »