« 退院 | トップページ | Rolleicordで撮る宮島&竹原 »

2011年2月24日 (木)

入院中だってカメラは手放さないんだぜ

今回は先週水曜日から今週水曜日までの約一週間の闘病生活(って程でもないけど)の様子をデジイチの写真でお送りしようと思います。

...なんで病室にまでデジタル一眼レフを持ち込んでんだというツッコミもあるとは思いますけど、こちらとしてはローライやOM-2などフィルムカメラの持ち込みは断腸の思いでガマンした(切ったのは胆嚢だけど)ところもあるので、何卒ご容赦ください(*・ω・)ノ


_2164333
まずは、入院中のホームポジションであるところのマイベッド。
入院中の暇つぶしとしてiPadとiPod classic、カメラ雑誌一冊、マンガ一冊、小説三冊を持ち込んでいましたが、暇つぶしとして一番活躍したのはiPadに入れていたデジタルコミックと動画でした。
逆に、あまり活躍しなかったのは小説。手術後に傷が痛んでいたり、点滴や局部麻酔のチューブが繋がった状態では、細かい活字を読んでは想像力を働かせるという作業が億劫になって、なかなか手が伸びませんでした。
iPadにインストールしていたゲームも同様に、傷が痛んでるときは集中できませんでした。
なお、病室は相部屋なのでiPodやiPadを使う際は当然ヘッドホンが必要ですが、高音質を期待して持ち込んだ大きなヘッドホンはベッド上ではイマイチ使いにくく、結局ほとんどiPodに付属のApple純正イヤホンを使う事になりました。

_2194350
ちなみに私のベッドは窓際で、カーテンをめくるとなかなかの展望が楽しめます。

_2184345
左手に見えているのは広島市南区の黄金山

P2224438
病棟はそれほど広くはないものの、近くにトイレと携帯使用OKエリアがあって、ほどほどに居心地良し。
ちなみに、食事は病院食の例に漏れずマズかったです。


手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術)は金曜日の午前九時より開始され、胆嚢周辺の癒着が激しかったため予定より倍近い時間がかかってしまいましたが、無事終了しました。
全身麻酔がかかっていたため、手術当日から翌朝まではHCU(高度治療室)で経過観察され、土曜日の朝に病室に戻ってきました。
_2194349_2
自室に戻ってきた直後の私(汗)
腕には抗生剤の点滴、背中には局部麻酔のチューブが繋がったままです。
お腹には北斗の拳の◯ンシロウよろしく穴が四カ所にわたって開けられていますが、特にヘソに開けられた穴(腹腔鏡を突っ込んだメインの穴)のあたりが麻酔の利きが悪く、これの痛みに暫く悩まされる事になります。
なお、血液検査の結果、術後の経過がとても順調であったため、点滴と麻酔チューブは日曜日の午前中には外されました。

_2204353
ハイ、こちらが摘出した胆石です。
大きさは約5mm強といったところ。
パッと見は何かの鉱物のようでキレイですが、近寄ると結構クサいです。
こいつのおかげで、私の胆嚢は随分前から機能していなかった模様。
道理でハラを下し易かった訳だ...(汗)


点滴とチューブが外された後は一気に身軽になったので、カメラを持って院外の公園や河川敷に散歩に出掛けてみました。
_2214374
気持ちのよい快晴の朝。
朝食が済んだ後に、天満川沿いの遊歩道を少し歩いてみました。

_2214386
病院の隣の公園。
朝は誰もいません。

_2214420
昼過ぎに再び外出、川沿いに1.5kmほどの距離を歩いてきました。
なんかマッタリ。
でも、流石に一週間もベッドの上で生活していると目に見える程体力が低下していて、ちょっと歩いただけで疲れちゃう(汗)

この後、医者には「月曜日にでも退院していいよ」と言われる程回復しましたが、一応大事を取ってしばらく様子見し、水曜日の午前中に退院しました。


...現在、退院後二日目にして普通に食事も入浴もできる状態にまで回復しました。
手術痕は術後一度も消毒しておらずテープが貼ってあるだけですが、最新の医療によると放っとくのが一番治りが良いんだとか。
退院後の通院も不要だそうです。
医療費も思っていたより安く済んでしまった(事前に高額療養費限度額適用認定証を申請していたのが効いた)し、とりあえずホッとしています。
あとはリハビリで身体を動かして、落ち込んだ体力を回復させるのが目下の目標となりそうです。


OLYMPUS E-620
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL 35mm F3.5 Macro
SIGMA 30mm F1.4 EX DC /HS

|

« 退院 | トップページ | Rolleicordで撮る宮島&竹原 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

無事退院おめでとうございます。 \(~o~)/
入院生活を思い出しました。 病名は知ってますよね? (笑)
あの抗生剤の天敵にはホント参ってしまった。 体質まで変わりましたからね。
もう、あの手術はやりたくないなぁ~ 

投稿: momosenpai | 2011年2月25日 (金) 22時07分

☆momosenpaiさん
ありがとうございます。
入院中、ベッドで一日中ゴロゴロしてるのは割と平気でしたが、左手の手の甲に点滴が刺さっている期間は動きにくくて仕方がなかったですねぇ。
寝返りを打っただけで点滴のチューブを引っ掛けそうで、随分と気を使いました(汗)

投稿: 黄色いタカ | 2011年2月26日 (土) 23時31分

お帰りなさい!
お元気そうで安心しました~
でも、病院までデジイチ持参とはさすがタカさん!
「フィルムカメラの持ち込みは断腸の思いで~」という所で
思わず笑ってしまいました(^_^;)
術後、養生して下さいね♪

投稿: ねこのて | 2011年2月27日 (日) 22時53分

☆ ねこのてさん
ありがとうございます。
ローライを病室に持ち込むかどうかは最後まで悩んだんですが、どうせ撮っても結局現像は退院後、しかも見られるまで数週間もかかるのがネックになって諦めました。
病棟でも他の患者さんなどは撮れませんしね~sweat01

投稿: 黄色いタカ | 2011年2月28日 (月) 00時53分

術後が順調そうでよかったです。ひきつづき、養生してくださいね。
胆石の写真、、ちょっと怖いです(苦笑)。これは記念にもらえたのですか?


投稿: いくこ | 2011年3月 4日 (金) 17時54分

☆ いくこさん
この胆石の入った小さなケースは、今も私の部屋の棚の上に置いてあります(笑)

実は摘出した胆嚢も見せてもらったんですが、あまりにグロいため写真には撮りませんでしたsweat01

投稿: 黄色いタカ | 2011年3月 4日 (金) 18時52分

. . .

投稿: BertyToill | 2016年10月20日 (木) 05時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/39002659

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中だってカメラは手放さないんだぜ:

« 退院 | トップページ | Rolleicordで撮る宮島&竹原 »