« 青空ポタリング | トップページ | 雨のパレード »

2015年5月23日 (土)

4B

会社で使う文房具をアマゾンでポチったんですが、久々にやっちまいました。

P5220001

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 0.5mm

パイロット ネオックス・グラファイト 0.5mm 4B HRF5G-20-4B 40本入り×10セット


...うちの会社では社員の給料振込みの手続きに、ネットバンキングとかいうイマイチよくわからんもの(前時代的発想)ではなく、安定と信頼のFAX申し込みサービスを利用しています。主に私の趣味で。

そのFAXサービス、申し込み用紙に必要事項を手書きで記入するんですが、FAXで送信する都合上、4Bの鉛筆で記入しないと正確に読み込めないらしく、いままで4Bの鉛筆で記入していました。

今回、鉛筆という前時代の産物を捨て去り、新たな時代の経理システムを構築すべくシャープペンシルというやっぱり前時代の産物を使ってみる事にしたんですが、どうせならシャーペンも100均の安物じゃなくてそこそこ良いものを用意しようと思って、ぺんてるのグラフギア1000を選択しました。(余談ですがこれの姉妹品グラフ1000フォープロは学生時代からの愛用品です)

しかしAmazonで4Bの芯を選ぶ際、うっかり10ケース入りの箱買いをしてしまった(高いな〜とは思ったけど、Amazonプライム対象が2種類しかなく、どちらも10ケース入りだったので「特殊な硬さだしそんなもんか」と納得してしまった)ため、今の使い方では

今後20年会社が存続しても使い切れない

ほどの4Bの芯の在庫が発生してしまったのでした(;ω;)

...たぶん銀行のFAXサービスの方が先になくなります。
とりあえず、事務員さん二人にも協力してもらって、普段使いのメモは極力シャーペンを使うようにしましたが、それでも今後しばらくは4Bのシャーペン芯を使い続ける事になるでしょう。


...あ、4B芯の名誉のためにも記載しますが、4Bって使ってみると書き味が滑らかでメモ書きに使う分にはとっても書きやすいです。ペン先が紙に引っかからず、先を丸めた鉛筆で書いているようなソフトな書き心地。

じゃあ鉛筆使えよ、という話はさておき。

学生時代にはノートに細かくびっちり書くために0.3mのFを愛用し、測量士時代には製図用の芯ホルダーペン(4H)でノートを取っていた私ですが、なりゆきとはいえ4Bという未知の柔らかさの芯の書き心地にハマりつつあります。
軽い筆圧でもしっかり書けるため、腱鞘炎対策にも良さそうです。

4Bの芯に興味のある方は、私の会社に来てくだされば1ケースお譲りします(*^ω^*)ノ彡


OLYMPUS STYLUS-1S

|

« 青空ポタリング | トップページ | 雨のパレード »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

タカさん事業も順調のようですね!
事務員さん2人? 凄いじゃないですか~
うちなんて未だに給料手渡しです。(爆)
シャープペンの話に戻りますが、私は基本的にHB使ってますが、しょっちゅう折れるので癇癪が置きます。
使いやすさでは2Bかな?

投稿: 99usagi | 2015年5月25日 (月) 17時39分

事務員さん二人というか、私含めて事務兼電話無線番兼雑用兼ドライバー係三人といったところです。二人はお歳の人で扱い的にはパートに近いので、交代で出勤してもらってます。
そろそろ若い人材も増やしたいところなんですが、財政的に問題山積みでして...(^-^;

シャーペンの芯といえば、普通は2B〜2Hまでが一般的ですよね。
若い頃はクラスメートもみんな硬めの芯を好んで使っていた気がします。普通は4Bなんて美術部くらいしか使わないかと(゚ー゚;
でも、意外と使いやすいんですよ

投稿: 黄色いタカ | 2015年5月25日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/60110590

この記事へのトラックバック一覧です: 4B:

« 青空ポタリング | トップページ | 雨のパレード »