« 雨のパレード | トップページ | 題名のない写真展 »

2015年5月30日 (土)

ベタ踏み坂

先日、仕事で出雲空港まで行ってきた帰り道、ダイハツのCMで有名なベタ踏み坂こと江島大橋を通ったので立ち寄ってみました。
その昔、ツーリングで立ち寄ったときには水門上の狭い橋を通った記憶がありますが、現行の橋は今回初めて通ることになりました。


P5290005

まずは遠方より橋の全景。橋の急勾配と、左右非対称の複雑な形状が見て取れます。
中海北側沿岸の海を挟んだ場所からでも、かなりデカい橋なのが実感できます。

桁下を航行する船舶の通航に支障がないよう、また工事および耐震の関係から、島根県側は6.1 %、鳥取県側は5.1 %の勾配を設けて44.7 mまで登る。中央支間長250mは、桁橋としては2014年現在で日本で第2位、コンクリート製に限れば日本最大、さらにPCラーメン橋に限れば世界で第3位に入る
(wikipediaより引用)


P5290011

江島側から橋を望む。
CMや広告写真でよくある、ベタ踏み坂の急勾配を強調するアングルです。
超望遠レンズによる圧縮効果で遠近感が相殺され、転げ落ちるような急勾配に見えますが、実際は原付も普通に走ってます。私の愛車のアルトバン(MT)だとアクセルベタ踏みすることなく登りきれました。

なお、この写真は江島のファミマ付近の堤防から撮影していますが、公式のチラシ等に載っている写真はさらに後方の大根島から撮影している模様。遠方になればなるほど非現実的な勾配に見えるようになります。


P5290015

橋のたもとまで来てみました。
ここからだとそんな極端な勾配には見えません。


P5290016

...高さ44.7mか。
これは行くしかないな!


P5290061

という訳でテッペンまで登ってきました。

徒歩で。

...とはいえ、実際には歩きでも非現実的なほどキツいという訳ではなく(キツくないとは言ってない)、自転車で渡ってる人もいました。

しかし、周囲は海と標高の低い島しかないので、橋の上からの展望は最高です。
島根側を見下ろすと、手前には江島、その向こうは大根島で、さらにその奥は松江市の山々が見えます。


P5290060

こちらは境港側。
左手には境港の市街地、右手奥には米子空港。
当日は霞みがかってよく見えませんでしたが、このさらに奥には大山がそびえ立っているはずです。


P5290068

橋の頂上付近から、いま登ってきた方を振り返ってみる。
道路のT字路付近、ファミマの看板のあたりにクルマを置いてきたので、片道およそ1km強の道程といったところ。
2枚目の写真は一番奥の信号の向こうの堤防から撮りました。


P5290056

橋の下をいままさに潜らんとする船舶。
別の写真では舷側に「第五ゆたか丸」の表記が確認できます。
セメントタンカーだそうな。


P5290030

自衛隊の輸送機を確認、ランディング・ギアを下げて低速で旋回中。
あの独特なシルエットは日本の誇る変態輸送機、C-1に相違ありません。
美保基地第3輸送航空隊所属の機体でしょうか。


P5290042

中海を大きく2周ほど旋回したあと、美保飛行場(米子空港)に着陸しました。


P5290035

緑あふれる豊かな水場と管制塔のある光景。
厨二魂男の子魂をくすぐられる素敵な街です。


P5290006

ps.当日のお昼は橋の境港側のすぐ近くにある和食屋でいただきました。
天ぷらとうなぎとトロロの入った冷たい蕎麦。値段も良心的な部類で”当たり"の店でした。
.
.
.
.
.
あと余談ですが、今回は愛用のデジカメSTYLUS-1Sに1.7倍のテレコンを用意しました。
これで最大望遠時に300mmF2.8相当から、510mmF2.8相当に望遠が強化されます。
(本記事2枚目および C-1、飛行場、管制塔の撮影で使用)

さらっと書きましたが510mmF2.8相当というと、一眼レフのレンズで例えるならコレです。
コンデジなのでセンサーが小さいとか根本的に用途が違うとかはありますが、もともと「手のひらサンニッパ」の異名をもつSTYLUS-1に(少々かさばるものの)バケモノ級の望遠性能が付与されるというインパクトは絶大です。

フードやフィルターが取り付けられないとか、収納や取り回しが(コンデジとしては)面倒になるというデメリットもありますが、F2.8の明るさを維持したまま510mmの超望遠撮影が可能になるという破格の性能の前には些細な代償と言えます。さらに純正アクセサリということもあり、デジカメ本体のテレコン設定をONにすれば写真データにテレコン補正込みのメタデータが画像に記録されるのは実に便利。
しかも本体実売1万を切るお値段(ただしアダプタ別売)です。

超望遠大好き派には買って損なし(ステルスマーケティング)。


OLYMPUS STYLUS-1S(+TCON-17X)

|

« 雨のパレード | トップページ | 題名のない写真展 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/60190526

この記事へのトラックバック一覧です: ベタ踏み坂:

« 雨のパレード | トップページ | 題名のない写真展 »