« 苦行マスター(自称)再び VK 30.01 (H)編 | トップページ | 題名のない写真展 »

2017年2月26日 (日)

Churchill Gun Carrier

ところでこいつを見てくれ。私のティア6の成績表なんだが...こいつをどう思う?

すごく...偏ってます...

20170226_122029

Churchill Gun Carrier

通称CGC。特徴的な外観から「串カツ」とも。
本家でもブリッツにおいても文句なしに苦行戦車と呼ばれる駆逐戦車で約100戦回して、勝率58%。
特別ひどい成績でもなければ、ランキング入り出来る好成績でもなく、ネタとしてはちょっと微妙なところであります。
が、ティア6屈指の強戦車クロムウェルやチャーチルⅦ、VK 36.01(H)といった優良な重戦車よりも勝率が良いのは如何なものか。


20170226_121600

CGCはチャーチルから旋回砲塔を取っ払い、ポン付けした固定戦闘室に3インチ高射砲を搭載した駆逐戦車です。
ベースとなったチャーチル歩兵戦車自体がフランスへの上陸作戦のため碌にテストも行われず投入された急造品なうえ、そこに更なる対戦車火力を求めたやっつけ設計でお世辞にも洗練されたとは言えない外観をしています。

ゲームでは開発を進めることで、トータス駆逐戦車の初期砲である32ポンド砲を搭載できるようになり、火力、貫通力共にティア6としては非常に優秀です。
反面、機動性はチャーチルよりは多少マシといったレベルの鈍足で、装甲もチャーチルベースなのに正面装甲は垂直88mmとティア6では頼りになりません。そのうえ非常に大柄なボデイであるため隠蔽率も被弾面積も劣悪です。HPも同格では低めです。
総じて、隠れることも躱すことも弾くことも耐えることもできず、ただ正面攻撃力にのみ特化した、非常に癖の強い車両に仕上がっています。


ところでこのCGC、ブリッツの英国開発ツリーにおいてはやや特殊な立ち位置であり、駆逐ツリーではなく重戦車ツリーのチャーチルⅠから派生してAT 7に繋がる分岐点に鎮座しているおかげで、一般的な開発順からは完全に外れています。
また、チャーチルⅠからの開発経験値がティア6としてはかなり高く(チャーチルⅦが27000に対してCGCは49050)、さらに苦行戦車として有名であるため初心者が好き好んで乗ることはまずありません。

即ち、CGCの中身がnewbieやnoobである確率は限りなく低く、それなりに余裕があったり腕に自信のある戦車長が搭乗していると見て間違いありません。
アジアサーバーの平均勝率も49.43%と高くはないものの極端に低いわけではなく、ある程度腕に自信のある戦車長ばかりが使ってこの勝率である、と解釈するのが正しいでしょう。

有名な苦行戦車だからと舐めてかかると、ベテランのテクニックで翻弄されて思わぬ痛手を負うことになる(かもしれない)ので、CGCを相手にするときはご注意を。


M

隙あらばプール勲章もぎ取ってくCGCもいるんだぜ?

|

« 苦行マスター(自称)再び VK 30.01 (H)編 | トップページ | 題名のない写真展 »

艦隊これくしょん&WoTB」カテゴリの記事

コメント

流石苦行マスター。
優秀な戦車より苦行戦車の方が成績良いって何なんだ・・・
しかしCGC、上から見ると結構独特のフォルムがカッコ良くみえてしまうんだが
いささか紅茶のキメすぎだろうか。
いつものあのノッペリ感も迷彩がかかると違って見えるし。

投稿: itou | 2017年2月26日 (日) 18時19分

まぁクロムウェルやVK36Hをメインで転がしてたのはLee先生で何かに目覚める前だったから、直接比較はできないんだけどね...
CGCは車幅が狭いのでTOGほどデカさは感じないけど、、真上や真横から見るとその胴長っぷりに目を奪われるね
個人的にもチャーチル系のデザインは好きだけど、CGCもあの箱型の戦闘室さえどうにかなれば、もっとスタイリッシュに見えるような気もする

投稿: 黄色いタカ | 2017年2月26日 (日) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/69734657

この記事へのトラックバック一覧です: Churchill Gun Carrier:

« 苦行マスター(自称)再び VK 30.01 (H)編 | トップページ | 題名のない写真展 »