« 今日は何の日? | トップページ

2017年11月16日 (木)

ダンボール汽車

Pb160001

近年、新幹線口を中心に大きく近代化改修された広島駅。

この広島駅、もともと中途半端な規模の駅だったので建物や施設の設計が時代遅れにも関わらず、改修や建て替えの機会を逸したまま利用され続け、現代の駅ビル施設としては非常に不便な駅でした。
特に、在来線側の駅舎と新幹線側の駅舎は広い在来線の線路によって分断され、互いに行き交うには切符か入場券を買って改札を通りホームの連絡通路を渡るか、さもなくば不便で狭い地下道で迂回する他ないという不便さでした。

また、これだけの規模にしてトイレの規模と数が全く不足しており、しかも一部は場所が遠い上にトイレットペーパーは自販機で買わねばならないという、政令指定都市の玄関口としては似つかわしくない昭和の香り漂う駅でした。

しかし今年になってようやく在来線側と新幹線側をつなぐ自由通路が整備され、利便性が大幅に向上しました。また駅から近隣のホテルや施設への歩道橋もようやく整備され、やっと近代的な大型駅の体裁を得ることとなりました。


Pb160004

その新生広島駅の一階、改札前の広場に突如現れた蒸気機関車の展示。
しかし色合いが妙な...錆止めの塗装にしてもこれは風情のない。これではまるでダンボールじゃないか...


Pb160003

...と思ったら、まんまダンボールじゃねーか!!


完成度高けーなオイ!!


より正確には、現存するSLやまぐち号として運用されているD51形蒸気機関車のダンボールレプリカ。
段ボール工芸家(?)による制作で、総重量は1.5トンにも達する大作です。


Pb160005

アップにするとダンボール感が急に出る。
なにこのクオリティ...


Pb160006

連結器も完全再現。


Pb160009

複雑な形状の足回り。
これもう(どうなってるのか)わかんねぇな


Pb160010

個人的にツボだったのがココ。
リーフ式サスペンション完全再現
すげぇよ...

なお、この展示は11/20までとなっているそうです。ダンボール製の宿命か、デカい割に展示の期間は短いので、リアルで見たい方はお早めに。


OLYMPUS STYLUS-1S

|

« 今日は何の日? | トップページ

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

おお、このダンボール機関車は最近ツイッターで流れてたから知ってたけど、広島駅の中だったんだな。
ううむ、こうして様々な角度で見るとクォリティの高さもさることながら、実物大の機関車の形をしたダンボール塊という存在の異様さに圧倒されそうだ。
・・・こちらもせっかく首都圏に住んでるんだし、今度実物大のユニコーンガンダムでも見に行ってくるかな。

投稿: itou | 2017年11月17日 (金) 00時17分

実物を見てもらうとその迫力...というか謎のダンボールクオリティを実感できるんだけど、残念ながら年末の帰郷までには撤去されてしまうな
かなりの大作なのに勿体ないけど、空調もないホールの展示だから湿気てフニャッちゃうかね

投稿: 黄色いタカ | 2017年11月18日 (土) 08時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/72233302

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボール汽車:

« 今日は何の日? | トップページ