« 最近のランチ in 梅雨 | トップページ | 最近の冷麺 »

2018年7月21日 (土)

傷跡いまだ深く

あの大雨から二週間。
高速道路や主要道路の復旧は一段落しました。我ら運送業者にとっては地獄のような通行止めと先の見えない大渋滞も、次第に緩和されつつあります。

が、とりあえず主要な道路は通れるようになったものの、決して無視できない生活圏内の傷跡はいまだ生々しく各地に残ったままです。
道路交通情報センター等では各路線の道路情報を公開していますが、小さな生活道路や山間部の道などの通行止めについての情報は十分とはいえません。
また、Google mapのナビは通行止めの情報を反映していないことが多く、危険な状態の細い山道でも関係なく誘導してしまいます。山間部を移動する場合は、ナビの指示を鵜呑みにせず自分自身で状況を判断して、遠回りでも確実に通行できるルートを使うことを強くお勧めします。


以下、私が今日実際に通行した路線の情報を置いておきます。

P7210115

広島県道84号線、府中町から畑賀へ抜ける峠道。
現在は通行止めは解除されており片側交互通行のポイントも限定的ですが、泥が乾いた土が舗装面に残っている場所が散見されます。


P7210118

同じく84号線、セブンイレブンから橋を渡った先で通行止め。
ご覧の通り道路が丸ごと崩落しており、復旧はまだ時間がかかりそうです。
セブンイレブン前の交差点から安芸中野駅方面には通行可能。そこからユアーズ瀬野川店方向への通行も可能になりました。こちらに回る際には途中の道幅が狭いので注意。


P7210121

畑賀はメイン道路以外にも被害が多く、また瀬野へ抜ける県道85号線も通行止めです。
畑賀峠の状況も考えると、渋滞回避の抜け道として利用するのは推奨できません。


P7210122

同じく84号線、瀬野川沿いの焼肉屋の前が大きく崩落して通行止め。
国信橋からエブリィには入れます。


国道2号線の瀬野川沿いはこの周辺でも被害が多く、先週までは通行止めの場所もありましたが現在は通行可能。
ただ、山陽道が復旧後半額セール中でそちらに通行量が分散しているためか海田バイパスはいつもより空いている印象です。


OLYMPUS STYLUS-1S

|

« 最近のランチ in 梅雨 | トップページ | 最近の冷麺 »

日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

畑賀峠は以前バイクでよく通った道だけに、変わり果てた感じすらするなぁ。
乗り換え案内のアプリにある電車遅延や人身事故があった際のユーザー同士での情報共有よろしく、
事故や災害時に路面状態をリアルタイムで共有できるツールなんてものがあれば
状況判断の材料になって良いんだけどね。
もしかしたら有料のカーナビなんかは既にそういうのあるのかもしれんけど。

投稿: itou | 2018年7月22日 (日) 21時50分

道路交通情報センターの情報は比較的早くて正確だけど、あの規模と範囲の災害ではカバーしきれないな
独自の情報源で渋滞情報を集めてるグーグルナビも今回は当てにならなかった
ウチは自分や社員・下請けスタッフが実際に走って通行止めや渋滞にハマった情報を元に独自で使えるルートを探っていたよ

投稿: 黄色いタカ | 2018年7月22日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1126526/73897962

この記事へのトラックバック一覧です: 傷跡いまだ深く:

« 最近のランチ in 梅雨 | トップページ | 最近の冷麺 »