カテゴリー「オールドカメラ」の71件の記事

2014年9月12日 (金)

Cosmos

Fh010013

Fh010005

Fh010016

Fh010018

Fh010019

OLYMPUS OM-2
ZUIKO 50mm F1.8
ZUIKO 135mm F2.8
Kodak GOLD 200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

OM-2とコダックで写す夏

ここ最近はフィルムカメラもご無沙汰になってましたが、久々にOM-2で遊んでみました。

もうず~いぶん前に、「夏はコダック、冬は富士フイルム」がいいんじゃね?と思った事がありましたが、今回OM-2を引っ張りだしたときにソレを思い出しまして、初めて使うコダックのGOLD 200の色合いが夏の景色に馴染むか確かめてみました。


...なんてウソぴょん。゚.+:。(・ω・)b゚.+:。


本当はフジのフィルムの値段が高いんで、「カメラのキタムラ」で叩き売り状態の安価なコダックをまとめ買いしちゃったので、その言い訳に昔のブログに書いた文言を引っ張りだしただけでした。
我ながらショボい理由でフィルム選んだモンですわ( ´・ω・`)


Fh000004
我が家の台所裏で育ててるカボチャ。
サイズはちょっと小さめ。

Fh000013
近所の小さなため池。
見づらいですがトンボ居ます。

Fh010001
ウチの会社の元駐車場付近に放置されてた自転車。
駐車場だった場所は老人介護施設が建つそうでウチも立ち退かされた。
ウチの会社は代替の駐車場を確保できたが、主なき自転車はただ放置されるのみ。

Fh010002
路傍の黒猫。

Fh010009
新幹線基地に佇む500系こだま。

Fh010017
市内で信号待ちしてると、ひろでんの路面電車が横に停まった。

Fh010020
なんとなく路面電車を追って、ターミナルのある宇品港へ。

Fh010023
ネイティブ広島市民には見慣れた光景。

Fh010012
久々の自分撮り。


OLYMPUS OM-2
ZUIKO 50mm F1.8
ZUIKO 135mm F2.8
ZUIKO 200mm F4
Kodak GOLD 200

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

久々にMamiya

去年、K-5を使い始めた辺りから収納BOXに仕舞いっぱなしだったウチの最終兵器、マミヤRB67を久々に引っ張り出して、動作確認がてらポジフィルムを入れて平和公園を撮り歩きしてきました。

Img345

Img338

Img340

Img360


Img365

Img368

Img366
...やっぱり中判カメラはファインダーを覗いた時のワクワク感が違います。


Mamiya RB67 Professional S
Mamiya RB SEKOR C 250mm F4.5
FUJIFILM Velvia100
FUJIFILM PROVIA100F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

フィルムカメラで撮るSLやまぐち号と津和野の町並み

先週訪れた津和野の、MZ-50で撮った分のフィルムが現像から上がってきました。

Fh000014

Fh010001

Fh010004

Fh010006

Fh010008

Fh010009

Fh010011

Fh010014

Fh010017

Fh010024
...最近、よく現像を依頼していた近所の「カメラのキタムラ」が閉店してしまったので、今回はリバーサルフィルムの現像でお世話になってる「日本発色」に現像&CD焼きを依頼したものの、なんと「日本発色」も今月中に市内某所に引っ越ししてしまうとか。
これからフィルム現像をドコに持っていこうか、少々悩ましいトコロです。


PENTAX MZ-50
smc PENTAX-F 35-70mmF3.5-4.5
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Kodak Gold 100
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
今日のメタボ2012。
今日の体重、98.3g
今日の体脂肪、30.4%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

SIGMA 50mm F1.4をあえてフィルムカメラで使ってみる

先月に入手して以来、その描写性能に惚れ込んでいる交換レンズ SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

このレンズ、単焦点レンズにして異例な程の大きさと重さを持っているだけあって、フルサイズ規格のイメージサークルに対応しているのが特徴ですが、フルサイズ対応という事は35mmフィルムでも使えるという事なので、モノは試しとフィルムカメラの PENTAX MZ-50 に取り付けて撮影してみました。


...ただしこのレンズ、MZ-50ではオートフォーカスが動きません。


PENTAXの一眼レフは、永らくAF駆動の動力をボディ側のモーターで賄っていたためレンズ側に電力を供給する必要がなく、超音波モーターを搭載した新型レンズ導入に伴い電力供給接点が追加された後も、多くのレンズはボディ側のモーターでAF駆動しています。

この機構のおかげでペンタのレンズはAFモーターを内蔵する必要がないため、Limitedの金属製レンズを代表として他社のレンズと比べて軽量・コンパクトなものが多いのが特徴でした。

KマウントにAF駆動用の電源コネクタが実装されたのは2006年末のK10D(なんとデジタル化から7台目)から。つまり、これ以前のペンタのボディは、たとえAF対応の割と新しめの機種であろうと、レンズ内モーターを駆動する電源を供給できません。平たく言うとAFが動かんのです。

そして、SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSMは最新鋭ゆえ超音波モーターのみでAFを駆動するため、AF対応とはいえ古いボディのMZ-50ではAFを動作させる事が出来ないのです...
(u_u。)


余談ですが、他の多くのメーカーはレンズ側のモーターだけでAFを駆動するのが一般的で、特にCanonはかなり早い段階で100%レンズ内モーターに切り替わっていて、少なくともEOSブランドのボディとレンズなら新旧問わずAFが動きます。
一方、ペンタックスと同じく古いマウント規格を踏襲するニコンはボディ内モーターを搭載する機種(主にフラッグシップ級)と搭載しない機種(エントリー級)が混在しており、組み合わせによってはAFボディとAFレンズなのにAFが動かないといった現象が起こります。


しかしまぁ幸いな事に、SIGMA 50mm F1.4は被写界深度がスゴく浅いのでMFでもピントが合わせ易く、またヘリコイドに適度な重みと粘りがあって微妙なコントロールも苦になりませんでした。

Fh000002

Fh000007

Fh000010

Fh000013

Fh000016
...ま、描写に関しては折り紙付きのレンズなので何の問題もありません。

雲天だったのでイマイチ色乗りが地味ですが、フィルムカメラで使ってもこってりとした発色をするSIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACROと違って50mmF1.4は完全にデジタル時代のレンズなので、もともとクセのない淡白な発色をするレンズなのかも知れません。

PENTAX MZ-50
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
Kodak Gold 100
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2014/05/12 久々に読み返してみたら説明文が意味不明?だったので記事修正。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

フィルムカメラと3本のレンズが写すサクラ・2012

とても天気の良かった週末、仕事の合間を縫ってフィルムカメラのPENTAX MZ-50で3本のレンズをとっかえひっかえしながらサクラ撮ってきました。

smc PENTAX-F 35-70mmF3.5-4.5
Fh000004
まずは古い標準ズームレンズから。

京橋川、平野町よりの遊歩道。
会社が近いので歩いて撮りに行きました。

Fh000008

Fh000012
このレンズはPENTAX SFXに付属していたもので、設計が古いため絶対的な解像度は期待できませんが、手持ちのレンズの中でも発色が深くて濃いところが気に入っているレンズです。


smc PENTAX-DA 70mmF2.4Limited
Fh000018
元安川の遊歩道。
こっちは部屋から徒歩数分。

試しにデジタル専用のDA 70mmF2.4Limitedで撮影してみたところ、フィルムカメラの規格には非対応の筈がまったく問題なく普通に綺麗に撮れてしまいました。
DA70mmは望遠レンズにしては破格のコンパクトサイズなのですが、意外にも光学的に余裕を持たせた設計になっているのかも知れません。

Fh000023

Fh010005
単焦点でやや画角が狭いので、後ずさりながらアングルを決める事の多いレンズですが、手持ちのレンズの中では最も質感がよくカッコいいので気に入ってるレンズです。


SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Fh010015
最後はシグマの望遠ズームレンズにチェンジ。

Fh010020
サクラと新入生とチャリ。

このレンズはデジタルでもフィルムでも安定して使え、扱い易いズーム域な上に簡易マクロもあり、なにより安いので気に入っているレンズです。


PENTAX MZ-50
Kodak SUPER GOLD 400
Kodak Gold 100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

Mezzogiorno Luna

Fh000004_2

PENTAX MZ-50
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Kodak SUPER GOLD 400


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

大学跡の猫達

いきつけの「カメラのキタムラ」で、交渉して消費期限ギリギリのフィルムを安く仕入れたは良いものの、思いがけず値段が下がった勢いで多めに買ってしまいました。
このままのペースでは消費期限までに使い切れないsweat01ので、しばらくはフィルムカメラのMZ-50に頑張ってもらう事にします。

Fh000008
仕事から帰り道、フリマの開催場所にもなる広島大学キャンパス跡地に立ち寄ってみました。

Fh000010
まだ紅葉のシーズンではありませんが、並木の通りにはハラハラと落ち葉が舞っています。


現在は公園になっているキャンパス跡地の中で、修理もされず取り壊されもせず、フェンスで囲まれたまま放置されている旧理学部1号館の周辺には、いつ頃からかノラネコ達が住み着いています。

以前、ここで定期的にエサをあげる人を何度か目撃しています(...実家の○が喰ってるのよりも高級なキャットフードをあげてた)が、そのためか栄養状態はとても良さそうで、ノラにしては毛艶も良好です。
Fh000017

Fh000020

Fh000022

Fh000021

...K-5で使うつもりで調達したシグマの望遠ズームレンズですが、フィルムカメラで使うとまた違った魅力があります。
今までは「フィルムカメラには時代相応のレンズを」と思って、フィルムカメラのボディには同世代の中古レンズを組み合わせていました(...というか、今まで主力だったオリンパスのOMボディとフォーサーズレンズはマウント規格が全く違うので使えなかった)が、これはちょっと考えを改める必要がありそうです。


PENTAX MZ-50
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO
Kodak SUPER GOLD 400

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

PENTAX MZ-50

前回入手したばかりのシグマの望遠レンズですが、せっかくフィルムカメラでも使える仕様になっているので、勢いでペンタックスのフィルムカメラも用意してしまいました。

R0013739

PENTAX MZ-50

1997年発売の普及型一眼レフカメラで、私の所有するフィルムカメラの中では最も年式の新しいカメラになります。馴染みの中古カメラ屋で購入しました。

シンプル&コンパクトなボディはスイッチ類も最小限しか備えられておらず、プラスチック外装はチープ感がプンプン漂っていますが、オート撮影に特化した操作体系で撮影機能は一通り備えています。
...この時代のペンタのボディはあまり趣味じゃなかったんですが、シグマのレンズを活かすならAF対応した近年のモデルが良かろう、という判断で選びました。

ただ、いざ使ってみるとこれが思いのほか好印象で、ボディの軽さ(ボディのみで360g)とコンパクトさ(当時のAF機としては最小クラス)も相まって、取り回し易さは抜群です。
上級機と違ってゴテゴテとスイッチ類が並んでいないのも、マニュアル未読でパッと見でも何となく使い方が分かるシンプルな操作体系も好感が持てます。

現在、諸事情で整備中のK-5の"繋ぎ"のつもりで買った趣の強いカメラでしたが、これはこれでK-5や中判カメラのサブ機として役立ちそうな気がしてきました。


で、出身地の街の神社でお祭りがあったので、試し撮りついでに立ち寄ってみました。
Fh000005
多家神社の秋祭り。
この神社は私の出身小学校のすぐそばにあるため、子供の頃はよく遊びに行ったモンでした。
...まずは、SFXに付属していた標準ズームレンズを試します。

Fh000009
境内の出店。
昔の記憶ではもっと広々としていて、沢山のお店が並んでいたような気もしますが、当時はたぶん「子供の目線」だったんでしょう。

Fh000012
"第3回B-1グランプリ"で優勝した「厚木シロコロ・ホルモン」の出店もありました。
美味しそうなのであとで食べようと思っていたけど、すっかり忘れてた...sweat01

余談ですが、このレンズとSFXで撮った写真が過去記事に残っていました。
クールでキレが良いとされるオリンパスOMレンズに対して、独特の深みのある(というか、濃い)発色が特徴のレンズだと思います。


Fh000016
ここでシグマの望遠レンズにチェンジ。
階段を登って本殿に向かうと、神輿を積んだトラックが出発するところでした。
これからどこかを廻るんだろうか...?

Fh000017
多家神社本殿。
近づかなかったので詳細は分かりませんが、神官っぽい人が参拝客っぽい人に向かって大幣っぽい棒を振ってます。

Fh000019
狛犬と宝物殿。

Fh000035
ついでに、すぐ側の母校にも足を向けてみましたが、何やら大規模工事中(でっかい杭打ちマシーンが校内に鎮座してた)ので、母校のグランドを見下ろす土手に登ってみました。
学校のグランドを見下ろすスタンドと細い川に挟まれた、ちょっとした遊歩道になっています。

Fh000034
新レンズのマクロモードを使ってコスモスを接写。
焦点距離300mmという超望遠マクロ撮影で、風にたなびくコスモスにピントを合わせるのは骨が折れますが、写りについては問題なし。

新しい望遠レンズは焦点距離70-300mmと、廉価な望遠ズームとしては"ありがち"な守備範囲ですが、フィルムカメラで使う分にはワイド端が望遠過ぎず(デジカメで使うと実質104mmで少々狭い)、望遠端も手ブレ補正なしで使うには妥当なところで、もう一本の標準ズーム(35-70mm)との繋がりも良くてベストマッチです。

また、デジタル対応という事で画面の四隅までクッキリ写る描写性能も相まって、案外、K-5よりもM-50の方で使用頻度が増えるかも知れません。
値段の割には大活躍が期待できそうな、お買い得感の強いレンズです。


PENTAX MZ-50
smc PENTAX-F 35-70mmF3.5-4.5
SIGMA 70-300mm F4-5.6 APO DG MACRO


追記。

戯れにDA70mmF2.4LimitedをMZ-50に取り付けてみたら、デジタル専用レンズであるにもかかわらず、絞り解放からケラれもなく普通に使えてしまいそうです。

これは面白くなって参りましたYo!!
:;;;:+*+:;;;:+* (σ・∀・)σ+:;;;:+*+:;;;:+*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

廃駅のノラ

Img271

Img272

Img282

Mamiya M645 super
Mamiya 645 SEKOR C 80mm F2.8 N
FUJIFILM Velvia F 100


...近日、新兵器投入予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧